賃貸物件初期費用|不動産選びを効率化する条件【賃貸物件の初期費用】

不動産選びを効率化する条件【賃貸物件の初期費用】

見取り図

賃貸物件初期費用

house

低初期費用物件の選定

新たに社会人になったり転勤などの要因により、新しい街での生活をスタートする場面においては、住居を選定する必要が出てきます。このような時には賃貸物件から住居候補を選ぶケースが少なくありませんが、その場合でもまとまった金額の初期費用が必要になります。その多くの割合を占めるのが、敷金と礼金です。ところが礼金ゼロという物件が世の中には多く存在します。このことを知っておくことで、賃貸物件契約時の初期費用を低減させることが可能になります。一方、敷金ゼロの物件もありますが、敷金の元々の目的が退去時の原状回復に充てる費用という背景から、退去時に原状回復のための実費支払いが発生することが考えられます。このことを踏まえると、敷金ゼロ物件よりは礼金ゼロ物件を優先して選ぶことで、退去時までを含めたトータルコストの低減も実現することが可能になります。

物件オーナーとの交渉

前述したように、もともとから礼金ゼロという契約条件を掲げた賃貸物件は少なくありません。しかしながらそうではない物件でも、契約時の交渉において工夫をすることで、礼金ゼロもしくは礼金の減額を実現できる可能性があります。物件オーナーや仲介する不動産業者は、一定期間の賃貸契約を締結することを第一目標としていることが多いです。そのため、幾つか気に入った物件が見つかった時点で、礼金ゼロにしてくれればすぐに契約する、という提案を借りる側から伝えると、先方もその提案を受け入れてくれることがあります。その理由は、オーナーから見れば賃料の一か月分ないし二か月分を減額することで、その何倍もの賃貸収入を得られる契約を締結できることになり、お互いにメリットがあるからです。